ツンデレグーフィー

ある日ランドのエントランスでぼーっと座っていた時のこと。

突然キャプさんから、『今からこちらでキャラクターがご挨拶するので場所のご移動をお願いします』と声をかけられました。
キャプさんは『それか並ばれますか?』って親切に言ってくれるんですが、んー、でもプリンセスとかだったら緊張するしなーと煮え切らない私。

でも一端避けて見ていたら、グーフィーがやってきた!!ヾ(;´Д`●)ノ

それなら並ぶよね~(笑)



私は3番目くらいで、この日のグーフィーも優しそう(*´ω`*)
なに話そうかなーって考えてたらあっという間に私の番で、『グーフィー!!』って手を広げて飛び込んだら…


スカっ……!!!








って、かわされたよ(。´Д⊂)





軽く落ち込んで、グーフィーひどいよーとか言ってたら、ごめんごめんとか言いつつまたそっぽ向いたりして(。・ˇ_ˇ・。)
でもまた謝ってくれたし、塩なのか冗談なのかよく分からなかった…。
(私あんまり冗談通じない子なもんで)

で、なんとか1ショをいただき、今度こそハグor握手と思ったら、またすっと横を向いて次の方へのご挨拶に!!



うわーん。・゜・(ノД`)・゜・。




ひどい、ひどいよグーフィー。
確かに私はミニヲタ風情だけど、そんなに冷たくしなくても(。´Д⊂)


…と思ったのは一瞬。

すぐに帰ってきてくれて、かなり強めのハグをしてくれました…!!





っ…ツンデレすぎるでしょ(*ノωノ)(*ノωノ)(*ノωノ)



涼もうと思って日陰にいたのに一気に体温が上がった私(笑)

かっこいいね~、グーフィーは(●ノv`*)
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント